会社情報

代表挨拶

 

2006年9月、単に中小企業の支援がしたいという想いだけで、お金も確固たるビジネスモデルもないまま、この会社を設立しました。

当初の私にできることは何もありませんでしたが、共感していただいた仲間や、アドバイスを下さった起業家や先輩方に支えられて、今も事業を続けることができています。

中小企業支援の事業を進める中、フジサンケイビジネスアイ(総合経済新聞)の社長との出会いがあり、「中小企業を応援する新聞にしたい」との言葉と私たちの想いが合致し、ビジネスメディア「イノベーションズアイ」を共同事業として開始し、2010年4月にサイトを開設しました。

「イノベーションズアイ」の名前は、イノベーションを起こす多くの企業やビジネスパーソンを発掘し、その情報をメディアとして発信し、成長に至るまでの支援を継続して発展につなげるという思いで付けました。

その後、2021年6月にフジサンケイビジネスアイは休刊になりましたが、イノベーションズアイ内に編集局を開設し、独自の記事も配信し、独立メディアとして新たなスタートを切りました。

そして、独立メディアであるイノベーションズアイを中心に、事業の再編を進め、2023年9月に株式会社ノーズフーからイノベーションズアイ株式会社へ社名を変更しました。新たな社名は、私たちの使命と共鳴し、その存在意義をより一層示すものとなりました。

最後に、私たちの使命を実現する上で、何よりも大切なものは、人や企業とのつながりです。そのつながりがなければ、使命も実現できません。これからも皆様とともに、夢と希望を共有し、ともに成長し、明るい未来を築いていけることを心より願っております。

イノベーションズアイ株式会社 代表取締役 加藤 俊之

ミッション(使命)

ベンチャースピリットに光を当て日本を元気にする!

気候変動、パンデミック、国際情勢の変化、デジタル革命などがもたらす新常態への備えが欠かせない時代になりました。こうした現代社会が抱える課題に、私たちは挑んでいかなければなりません。逃げるわけにはいきません。
私たちは、ベンチャースピリットを持つ企業やビジネスパーソンが挑戦し、新たな価値を生み出し、社会課題を解決することが、日本全体の活力と成長に貢献し、日本を元気にすると信じています。
そのために強みである情報力とネットワークを生かし使命を全うします。

ビジョン(目指すところ)

ベンチャースピリットあふれる1,000万人のビジネスパーソンと100万社の企業を「発掘・発信・発展」させるビジネスプラットフォームを確立する

イノベーションズアイは、ベンチャー精神に富んだ企業やビジネスパーソンを応援する組織です。独創的で将来性あふれる“元気”な企業やビジネスパーソンこそが、日本経済を活性化し次代の日本を背負っていくと考えています。
そこで、こうした元気な企業を目利きして支援する行政・金融・専門家などと連携を図りながら、地域から日本、そして世界を目指す独創性豊かな企業、産業界に新風を巻き起こす気概に満ちた企業を「発掘」し、メディアから「発信」し、ビジネスネットワークを生かして企業の「発展」につなげるためのビジネスプラットフォームを確立します。

バリュー(価値観)

行動が未来をつくる

私たちは、理念を実現するため、失敗を恐れず、躊躇することなく、挑戦を続けます。

私たちは、期待に応え、感動を高めるため、常に当事者であり、誠意とスピードを持って行動します。

私たちは、ニーズを捉え、価値を創造するため、コミュニケーションを大切にします。

シンボルマーク

日本を元気にするイノベーションネットワークの輪!

円を構成する3つの要素は「産」「学」「官」、あるいは「地域」「業種」「世代」、「人材」「情報」「金融」…を意味します。
これらをイノベーションズアイのネットワークを生かして結びつけることで「円」が完成し、ベンチャースピリットを持つ企業やビジネスパーソンに成長機会を提供します。

logo-circle.png

会社概要

社 名 イノベーションズアイ株式会社
所在地 〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-4 oak神田鍛冶町7F
役 員 代表取締役 加藤 俊之
取締役   西山 利彦
資本金 5,000万円
設 立 2006年9月1日
事業内容 ビジネスプラットフォームの提供
・ビジネスメディア
・ビジネスサポート
・ビジネスコミュニティ

沿革

2006年9月 株式会社ノーズフー設立(東京都港区)
中小企業の進出・展開を支援するマーケティング事業を開始
2007年6月 グローバル人材に特化した人材紹介事業開始
2009年4月 本社移転(東京都渋谷区)
2009年12月 人材紹介事業撤退
2010年1月 インターネットマーケティング事業開始
2010年4月 産経新聞グループ フジサンケイビジネスアイと提携
『イノベーションズアイ』設立・事務局設置
2011年7月 東日本大震災・復興支援「大手町チャリティー物産展」開催
(主催:イノベーションズアイ復興支援プロジェクト委員会)
2011年12月 ビジネス表彰制度「イノベーションズアイアワード」開催
(現:イノベーションズアイ革新ビジネスアワード)
2012年4月 第2回 東日本大震災・復興支援「大手町チャリティー物産展」開催
(主催:イノベーションズアイ復興支援プロジェクト委員会)
2013年1月 本社移転(東京都千代田区)
2013年6月 株式会社ライセンスアカデミー(大学新聞社)と提携
「就活支援ジャーナル」開設
2013年10月 金融機関・産業支援機関と連携 知的財産を活用した中小企業支援事業開始
 (現:Open Patent Innovation Consortium「OPIC(オピック)」)
2013年12月 海外ビジネス情報サイト「Global Business Information」開設
2015年4月 特許・技術情報サイト「OpenInnovation」開設
2015年6月 起業家のための情報メディア「Entrepreneur」開設
2017年1月 イノベーションズアイ(BtoBビジネスメディア)サイトリニューアル
2020年2月 弁理士会 著作権委員会と連携 
イノベーションズアイ(BtoBビジネスメディア)に「弁理士の著作権情報室」開設
2021年6月 イノベーションズアイに編集局を新設
フジサンケイビジネスアイ休刊に伴い独立メディアとして始動
2021年8月 「Global Business Information」、「Entrepreneur」リニューアル
2021年9月 「OpenInnovation」をものづくりイノベーションサイト「OPIC」に統合
2022年10月 イノベーションズアイ(BtoBビジネスメディア)サイトリニューアル
2023年4月 本社移転(東京都千代田区)
2023年4月 商品・サービスが見つかるビジネスデータベース「bizDB」開設
2023年6月 イノベーションズアイ経営者クラブ設立
2023年9月 イノベーションズアイ株式会社に社名変更

アクセス

〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-4 oak神田鍛冶町7F

  • 神田駅(JR東日本・東京メトロ)徒歩1分